よもやま話@グローバル不動産経済

 ソフトバンクには奇妙でよく分からない話が多いのだが、また変な話が出た。  以前、当ブログでアメリカでは孫氏は「金満なピエロ扱いだ」と書いたが、もしかすると孫CEOはワンマンなのではなく、ソフトバンク内部でもピエロなのかもしれない。  今度の話はドイツの上場フィンテック会社、ワイアカードをめぐる話だ。...
 サウジでの未来投資会議(砂漠のダボス会議)の後、ソフトバンクの孫CEOはムハンマド皇太子と紅海でシュノーケルを楽しんだという。  なんと危ない事をと思わざるを得ない。  今回は二隻の大型ヨットで行ったらしいので、たぶん「警告」レベルだろう。...
(以下に書くのは非常に些末なことです。)  ラグビーのワールドカップでは久々にスポーツ中継を見た。  ありがたかったのは画面の右下で小さくルール説明があったこと。これがなかったら見ていなかったと思う。  私がスポーツ中継をほとんど見なくなってから数十年が経つ。...
 WeWorkとソフトバンクのビジョンファンドについて、どこで話がおかしくなってしまったのか、想像してみた。  一つ目の誤算は、孫CEOがサウジのムハンマド王子に新ファンドに出資してくれと頼んだ時、満額は出さないだろうと思って多めに450億$(4.8兆円)と言ってみたら、満額出すと・・。アブダビもそれに乗って150億$(1.6兆円)出すと・・。...
 ソフトバンクの孫CEOは日本ではともかく、英米のメディアでは今は「裸の王様」であり、「株価を3倍以上も読み間違えるお話にならない投資家」である。お金をたんまり持っているピエロという扱いだ。  WeWorkでは1兆円以上の出資時の帳簿の調べ方が全く不十分だった事が分かった。...
 ソフトバンクGから1兆円を超す注入を受けてフォアグラになったWeWorkのIPOが延期になりニューマンCEOは退任、同氏に近い約20人がパージされた。  このIPO騒動の前、2019.5.10付けの当方のブログで、今年3月期のソフトバンクGのWeWork株に関する決算は粉飾まがいではないかとの疑問を書いた。...
 日本で初めて消費税が施行されたのは1989年4月1日だが、国論を二分する大議論が行われたのは前年だ。もめにもめた末、1988年12月24日の国会で消費税法が成立した。  この1988年という年は社会を揺るがす大きな事件が相次いだ。...
 ウォルト・ディズニーがカリフォルニアで初のディズニーランドを進めた時のスローガンの一つに、「ミッキーは一人」というのがあった。  これは長らくディズニーランドのマントラとして存在していた。...
 ソニー不動産がSREホールディングスへと社名変更する。これは親会社ソニーが子会社ソニー不動産を見限ったものと見て良いだろう。  以前、このブログで「ソニー不動産がもつのは2020年3月期まで」と書いたことがあるが、ものの見事に当たってしまった。  (過去のブログ)  「ソニー不動産」は今年もかなりの赤字か?→経常赤字4.27億円で確定...
 よくわからない点もあるので「粉飾」とは言いません。  また、以下は間違っている、あるいは当方の勘違いの可能性もあるのでご注意ください。  ソフトバンクはビジョンファンドを運営、過去に何回かに分けてWeWork株を取得してきた。...

さらに表示する