よもやま話@グローバル不動産経済

 たぶんイギリスのフィナンシャルタイムズを買収した影響なり、成果なのだろうと思うが、日本経済新聞の欧米の不動産関連の記事が随分とまともになってきた(アジアについては当方は論評できない)。  昔はひどかったという話は後回しにして、今回高く評価できるのは、アマゾンがニューヨークでの第二本社計画から撤退することを報じた同紙の記事だ。 ...
 「この人がいなければ東京ディズニーランドは実現しなかった」という人を6人に絞ってみた。  高橋政友氏、加賀見俊夫氏(以上、オリエンタルランド)、江戸英雄氏、南川順一氏(以上、三井不動産)、川崎千春氏(京成電鉄)、丹澤善利氏(朝日土地興業)だ。...
 (以前のブログ)たぶんサウジで軟禁されることになるソフトバンクの孫正義氏            ソニー不動産とWeWorkの共通点 (冒頭の7行だけ本件に関係あるブログ)ソフトバンクがサウジ問題で一挙にヒートアップした。  WeWorkに対して巨額の追加出資を交渉中の孫正義氏に、とうとうサウジとアブダビがブレーキをかけた。...
 「売りの専任」を標榜して鳴り物入りでデビューしたソニー不動産と、とうとうニューヨークで最大の賃借人になったWeWorkの共通点・・・  それは両社とも非常に高い発行価格でソフトバンク(ヤフー)が株を引き受けたこと。  もう一つ、これには確証はないが、たぶん両社とも「赤字上場」を狙っていること。...
 コワーキングのWeWork(ウィワーク)を巡って、笑い話のような話が起きている。この調子でいけば、ソフトバンクの孫正義氏はサウジアラビアへ呼び出された時に、モハンメド皇太子によって軟禁されることになるだろう。...
 この資格は(昔は)不動産業従事者必携で、持っていない業者さんは不思議がられたものだが、昨今は合格率が僅か15%だという。これではプラチナ資格化してしまう。  私が勤めていた会社の昔の合格率は90~95%で、落ちるといつまでも「あいつは落ちた」「あいつも落ちた」と飲み会の席での酒の肴になるハメになったものだった。...
 いきさつははぶくが、三井不動産には昔、飲食業子会社があった。  不動産会社がレストランを経営したってもうかるわけがないのだが、その一方で親会社としては歯がゆく、ある時、出向者を出して同社をテコ入れすることになった。...
 株式会社文芸社さんが実施した  「出版費用0円キャンペーン」に当選しました。
★「ジャパン・トランスナショナル」検索改善用ブログです。  今回、取り上げるアメリカのビジネスはまだ日本になく、このようなビジネスを何と呼ぶのかもまだ確定していない。  それどころかこのビジネス、アメリカですら呼び名がやっと「戸建て住宅レンタル」に定着しそうという状態だ。ビジネスとして本格的に認知されたのは大体、2013年ころなのだ。...
★「ジャパン・トランスナショナル」検索改善用ブログです。  今年最大の不動産関連オークションとして最も注目を集めるはずだった、シンガポールの物流リートのGLPの身売りの案件、とんだ茶番となって幕が下りた。 落札価格は160億S$(1.31兆円)だった。  当初は少なくとも数社が応札するはずだったが、最終的な応札は...

さらに表示する