アマゾンが不動産ビジネスに与えている影響の大きさはGAFAの中でも突出している。  ポジティブな影響の代表は「物流倉庫」だ。倉庫は近年、イメージが一変した。...
 「リモートワーク」「在宅勤務」「ハイブリッド」「純オフィス勤務」のどれが良いかについてかしましいが、最終的にこれを決めるのは「マーケット」だと思う。...
 「オルタナティブ」という言葉が不動産ビジネスで広まったのはせいぜいここ10数年だ。利回りを狙った不動産投資の中でメジャーなもの以外への投資を指す。「メジャーなもの」とはオフィス、賃貸マンション、モールで、ホテルや物流施設もメジャーとなった。...
 マンハッタンから多くの人が引越しをしていて、旧約聖書にならい「エクソダス(大脱出)」と呼ばれています。新型コロナウイルス問題で「密」が嫌われたことや在宅・リモートワークが認められたことがきっかけです。マンハッタンの住宅は日本流に言うと1LDKや2LDKも多く、狭さには以前から不満が持たれていました。...
 ワン・ワールド・トレードセンターは2001年9月のアルカイダの攻撃により倒壊したツインタワー跡地周辺の再開発のシンボルで、アメリカで最も背が高い。デベはニューヨークで5位の商業不動産保有会社、シルバースタインだ。...
 ホテル大手の仏アコーが英インターコンの買収を検討している。現時点での時価総額はインターコンの方が大きく、買収が実現しても両社の融和は手間取る可能性がある。...
 「クロスレイル」はイギリスで進められている大型の鉄道新線計画だ。両端が二股に分かれているが、全長117kmというのは東京から熱海までとほぼ等しい。西では枝線でヒースロー空港内の3つの駅とつなぎ、ロンドン中心部を地下で貫通してはるか東に抜ける。2000年代後半に事業が正式にスタートし、当初の開業予定は2018年12月だった。...
 新型肺炎に伴いアメリカで最も痛撃を受けているのは「モール(商業施設)」と「ホテル」だ。このうちモールは新型肺炎以前から苦しい所が多く、前から「CMBX」という指数でカラ売りがかけられていた。この指数はもう十分価格が下がる等をしたため、カラ売りの対象がモールからホテルに移り始めている。  モールのカラ売りで使われた指数はCMBX 6...
★「グローバル不動産経済研究会」の会員向け暫定報告から  中国の安邦保険(現・『大家保険』)の不動産取引で、超巨額のトラブルが起きている。  2019年9月、安邦保険は韓国のミラエ・アセットとアメリカ所在の4ツ星クラスのホテル15棟(旧ストラテジック・ホテルズ16棟のうちの15棟)の売買を58億$(6260億円)で合意したと発表した。...
 「SREホールディングス(私たちはソニーグループです)」の旧称は「ソニー不動産」だが、同社の子会社はその「AI不動産査定ツール」を「ディープラーニング技術を核とした・・」としている。  これ、本当にソニーの名を語って「AI(人工知能)」「ディープラーニング」と呼ぶに値する技術なのだろうか?...

さらに表示する