要件を満たした投資により永住権や長期滞在ビザを与える制度がある国は、世界に数十カ国ある。このようなビザは「黄金ビザ」とか「投資移民ビザ」と呼ばれている。  一番人気はアメリカだ。「失業率が高い地区で10人以上の雇用を生む事業に50万$(5500万円)以上を投資」するとEB-1という資格のグリーンカードが取得できる。1990年の不況時に導入された制度だ。...
 ホテルチェーンのランキングは、世界最大のチェーンがマリオット(米)、第二位グループがインターコンチネンタル(IHG・米)とヒルトン(米)とアコー(仏)、少々離されてハイアット(米)という事で良いだろう。...
 ソフトバンクには奇妙でよく分からない話が多いのだが、また変な話が出た。  以前、当ブログでアメリカでは孫氏は「金満なピエロ扱いだ」と書いたが、もしかすると孫CEOはワンマンなのではなく、ソフトバンク内部でもピエロなのかもしれない。  今度の話はドイツの上場フィンテック会社、ワイアカードをめぐる話だ。...
 投資会社のブルックフィールドはカナダ本拠で、親会社がブルック・フィールド・アセットマネジメント、その不動産投資部門がブルックフィールド・プロパティ・パートナーズだ。...
 今年の4月に「オーストラリアの住宅価格が大幅下落」とご報告いたしましたが、その後、立ち直って順調な回復軌道に入りました。シドニーとメルボルンを中心に近況をご報告いたします。...
 サウジでの未来投資会議(砂漠のダボス会議)の後、ソフトバンクの孫CEOはムハンマド皇太子と紅海でシュノーケルを楽しんだという。  なんと危ない事をと思わざるを得ない。  今回は二隻の大型ヨットで行ったらしいので、たぶん「警告」レベルだろう。...
 ソフトバンクは支離滅裂な企業文化の為、ビジョンファンドではこの半年で、投資スタッフ12名が退職、来年春のボーナス後に退職者はさらに増えそうだ。トップクラスでも退職者2名が出ている。チーム間の競争が煽られ、投資経験がない人間達が上層部にいてコミュニケーションも悪く、孫CEOへや報酬の仕組みにも不満が持たれている。...
(以下に書くのは非常に些末なことです。)  ラグビーのワールドカップでは久々にスポーツ中継を見た。  ありがたかったのは画面の右下で小さくルール説明があったこと。これがなかったら見ていなかったと思う。  私がスポーツ中継をほとんど見なくなってから数十年が経つ。...
 メイシーズは売上高でアメリカ最大のデパートだ。フルラインの店舗数は600店弱、何回もの買収や合併を重ねて来た。最近は新規出店の話より不採算店の閉店の話の方が多い。...
 WeWorkとソフトバンクのビジョンファンドについて、どこで話がおかしくなってしまったのか、想像してみた。  一つ目の誤算は、孫CEOがサウジのムハンマド王子に新ファンドに出資してくれと頼んだ時、満額は出さないだろうと思って多めに450億$(4.8兆円)と言ってみたら、満額出すと・・。アブダビもそれに乗って150億$(1.6兆円)出すと・・。...

さらに表示する