ジローが買取り転売事業で大失敗をした。同社は全米で圧倒的な不動産検索サイトだが、2018年に「自分達ほど住宅市場を理解している所はない」として買取り転売事業に進出していた。この手法はアルゴリズムを用いたiBuyingと呼ばれたが、自信過剰があだになった。...
 日本では「不動産」とは呼ぶことがない変なリートがアメリカには幾つかあります。まずこれらからご紹介します。...
 ブルームバーグの記事をストレートに読めば、ニューヨークの金融サービス業の4分の1が、今後5年間でニューヨークでの人員を削減するとしている。  テキサスやフロリダのコストが安いところへ業務を移す、加えてITによる自動化でも人間のする業務は減っている、従って十分ありうる話だ。...
 カリフォルニアのナパバレーのフォーシーズンズが一室当たり210万$(2.39億円)と、史上2番目に高い一室単価で売買された。またヒルトンは新型肺炎による閑散時に「毎日毎秒」価格を変更できるシステムを開発、このシステムはインフレ時にもそのまま使える。  (過去のブログ)フォーシーズンズは山火事に懲りない (ウォールストリートジャーナル 2021.2.13)...
 Real estate appraisals calculated by Sony’s AI algorithm are often expensive than normal prices. Sometimes it is extremely high-priced.  One of such crazy prices is below. This apartment normal price should be less than one-seventh of Sony’s appraisal.  Surprisingly, they use this stupid one in their web advertisement so many times, claiming they can confidently show much higher valuation than competitors. (They don’t say they can sell it with this price.!!)  What makes Sony’s...
 新型肺炎で最も苦しんだ不動産セクターはモールとホテルだが、ホテル大手のヒルトンがすごい予約システムを開発していた。  「価格変更を毎日毎秒ごとにできる」  というのだ。  同社のCEOの説明では「ダイナミック・プライシング」という言葉は使われていないが、究極のそれだろう。...
 小室氏が眞子様との記者会見に向かうためにご自宅を出た時に「満塁ホームラン!」という掛け声がかかったが、意味不明だとネットニュースがしている。  もしかするとこれ、「ナボナはお菓子のホームラン王」という昔のCMが深層心理にあったのではないだろうか。...
 以下は、2021年10月15日にネットからコピーした広告だ。  我々プロには一目で分かるが、写真のような物件が「7057万円~7331万円」で売れる可能性は、完璧にゼロだ。ありえない。どこを探してもまともな査定でこんな価格がつく物件は存在しっこない。  あまりにひどいので、おうちダイレクトのWeb広告、あえてコピペして告発します。 (2021.10.26...
オヨのIPOが明らかになったが、ソフトバンクはオヨを上場させ巨額の投資失敗から足抜けを図るとされている。ここまで悪く言われては孫CEOは多少、気の毒でもある。  ソフトバンクと孫CEOはこの春に巨額利益を計上したのに、海外メディアからは非常に低い評価が続いている。ITやAIに対する孫CEOの先見性を称える声はほとんどない。...
 「オール・インクルーシブ」とは「すべて込みこみ」という意味で、リゾートホテルの宿泊料に最低でも「三回の食事+ドリンク飲み放題」が含まれています。滞在型ホテルの一種で世界に約1,500か所あるとされ、クラブ・メッド(地中海クラブ) がそのパイオニアです。...

さらに表示する