週刊住宅:世界のビッグ・プレイヤーたちの横顔

 ウィ・ワーク(WeWork)のビジネスモデルは「コワーキング」「シェアオフィス」などと呼ばれている。拠点数は世界でざっくり600ヶ所だが、2020年中にさらに数百ヶ所をオープンする。   非常に順調な急成長という見かけと内実が正反対であることはよく知られている。昨年9月にアメリカでIPO・新規上場を試みたが、歴史に残る大失敗となった。...
 HNAは「中国のハワイ」である海南島を拠点とした小さな航空会社から出発して急速に規模を拡大、2014年から2017年にかけて世界各地で各種の大型買収を何件も行った。スキームを複雑にしすぎて自分たちにも訳が分からなくなるという事も起きたが、それ以前に誰がHNAの真の所有者(株主)なのかが不分明という、きわめて中国的な問題も起きた。...
 要件を満たした投資により永住権や長期滞在ビザを与える制度がある国は、世界に数十カ国ある。このようなビザは「黄金ビザ」とか「投資移民ビザ」と呼ばれている。  一番人気はアメリカだ。「失業率が高い地区で10人以上の雇用を生む事業に50万$(5500万円)以上を投資」するとEB-1という資格のグリーンカードが取得できる。1990年の不況時に導入された制度だ。...
 ホテルチェーンのランキングは、世界最大のチェーンがマリオット(米)、第二位グループがインターコンチネンタル(IHG・米)とヒルトン(米)とアコー(仏)、少々離されてハイアット(米)という事で良いだろう。...
 投資会社のブルックフィールドはカナダ本拠で、親会社がブルック・フィールド・アセットマネジメント、その不動産投資部門がブルックフィールド・プロパティ・パートナーズだ。...
 メイシーズは売上高でアメリカ最大のデパートだ。フルラインの店舗数は600店弱、何回もの買収や合併を重ねて来た。最近は新規出店の話より不採算店の閉店の話の方が多い。...
 カタールはアラビア半島から突き出た半島部の国で、原油や天然ガスが豊富だ。日本への輸出量も多額に上る。サウジ、アラブ首長国連邦等とともに湾岸協力会議を構成している。  カタール発の不動産投資は投資主体がいくつかあり、総称して「カタール人(カタール勢)による投資」とされることも多い。...
 住宅(別荘を含む)が一戸、数十億円という価格で取引されるのは、アメリカでも限られている。ニューヨーク、ハンプトン、フロリダ、ロサンジェルスがほとんどだ。「ハンプトン」というのはニューヨークから車で東に約2時間の別荘地である。...
 大連万達は「大連」を冠しているが、これは創業者の王健林氏が人民解放軍の大連の部隊で後方担当だった時にこの地で不動産業を始めたためだ。大連は同社の創業の地ではあるが今はビジネス上の本拠地ではない。本社は北京にある。...
 宿泊仲介サイトとして有名なエアビーエヌビーの世界のリスティング数は600万件、ユーザー数は1.5億人とされる。...

さらに表示する