三井不動産リアルティ:REALTY-news

 今回はアメリカ人が家を買いたい時に書く「ラブレター」の話です。  アメリカで住宅を売る時は売主とその専任を受けた不動産仲介業者が二人三脚で売却を進めます。売出し価格、その他の条件を整理して「売り物件」としますが、その後、売却がどのようなプロセスをたどるかは、ケース・バイ・ケースです。...
 日本では「不動産」とは呼ぶことがない変なリートがアメリカには幾つかあります。まずこれらからご紹介します。...
 「オール・インクルーシブ」とは「すべて込みこみ」という意味で、リゾートホテルの宿泊料に最低でも「三回の食事+ドリンク飲み放題」が含まれています。滞在型ホテルの一種で世界に約1,500か所あるとされ、クラブ・メッド(地中海クラブ) がそのパイオニアです。...
 日本人にとってハワイは「最も身近なアメリカ」ですが、大部分のアメリカ人にとってのハワイは「ポリネシアへのエキゾチックな入り口」です。しかしアメリカ人が持つそのようなイメージが近年変わり始めています。動きは西海岸から始まっていました。...
 ディズニーランド・パリが新型コロナによる休園を終えて、6月17日に再オープンしました。「家族がいる自宅へ戻ったようだ」と表現するメディアがあり、驚きました。このテーマパークについてはフランス人からは長い間、悪口しか聞こえなかったからです。  世界各地のディズニーランドは巨大都市開発の一部という面を持つものがあります。...
エリザベス女王を始めとするイギリスの王室は資産家としても有名です。特に不動産関係は資料が開示されているためによく話題になり、その評価額の総額は141億ポンド(2.7兆円)だそうです。特に有名なのはロンドンのリージェント・ストリートで、イギリス王室は世界でも有数のこの高級商店街を丸ごと全部、所有・賃貸しています。他にも多数のショッピングセンターを持ち、さらに農地や牧草地、森林他も所有しています。
 住宅を買って短期で転売し利ザヤを狙うことを「フリッピング」と言い、アメリカでは中古の一戸建て住宅でよく見られます。フリッピングは2000年代前半の住宅ブームの時にも多発しましたが、この時の主役はサブプライムローンを利用した個人投資家でした。...
 アメリカの、一戸数十億円という「スーパー豪邸」が近年、大きく値上がりしている事は明らかなのですが、統計的に意味がある数字としてはうまく把握できません。サンプルの絶対数が少ない上に、個別性、特殊性が高すぎるからです。...
 新型コロナでマンハッタンから逃げ出した人がどこへ向かっていたかが、携帯電話のデータにより分析されました。フロリダ州へ逃げたというケースはよく話題になり、大変目立ちましたが、実際には同州のマイアミとパームビーチの合計で4.4%に留まりました。...
 ワクチン接種の広まりで「アメリカ人がとうとう外食を再開した」という朗報が先日ありました。...

さらに表示する