三井不動産リアルティ:REALTY-news

 旧約聖書の「出エジプト記」にならって、大脱出を「エクソダス」と呼びます。ニューヨークとサンフランシスコとシアトルで新型コロナにより特に大規模なエクソダスが発生しました。しかしニューヨークでは2022年6月現在、郊外へ脱出した人たちの逆流現象が起きています。...
 アメリカの「ホテル」の状況を、まず新型コロナが本格上陸した2020年からざっと見てみます。ホテルはコロナの当初段階から最も大きな打撃を受けた不動産セクターです。...
 日本へ投資する海外勢ならたぶん知っているであろう、マンハッタンの南半分にある住宅の各種をご紹介します。マンハッタンの面積は山の手線の内側とほぼ同じですが、北半分は重要ではありません。ここでは自己居住目的の住宅を念頭とします。...
 ウクライナ危機で、「グローバル化」の今後が注目されます。例えばアメリカやヨーロッパの大手ホテルチェーンがロシアから手を引こうとしています。進出規模で最大のフランスのアコーはロシア全体に50棟、うちモスクワで21棟を営業していますが、3月にロシアからの撤退を表明しました。...
 中国のマンション業界が大変な苦境にあります。代表格の恒大集団は負債が3,000億$(34.8兆円)、仕掛かり中の物件が223都市に778件、未引き渡し戸数が140万戸です。工事は一時、全面的に停止しました。他の大手デベロッパーも販売戸数は前年比で4割減です。...
 アメリカでは、住宅をいったん買い取り、小修繕をした上で売却して利益を取るビジネスを「フリッピング」と言います。Zillowがフリッピングで巨額損失を出し、2021年11月、撤退を発表しました。ここではコンピュータに依存しすぎたZillowの失敗の経緯をご報告します。...
 歴史を長く見ると、香港へは中国で何かの騒乱があるたびに大量の人間が移住してくるという事を繰り返してきました。不動産市場も過去に「今度こそは奈落の底へか?」と思われた事が何度もありながら、しばらくすると立ち直るという事を繰り返しています。...
 今回はアメリカ人が家を買いたい時に書く「ラブレター」の話です。  アメリカで住宅を売る時は売主とその専任を受けた不動産仲介業者が二人三脚で売却を進めます。売出し価格、その他の条件を整理して「売り物件」としますが、その後、売却がどのようなプロセスをたどるかは、ケース・バイ・ケースです。...
 日本では「不動産」とは呼ぶことがない変なリートがアメリカには幾つかあります。まずこれらからご紹介します。...
 「オール・インクルーシブ」とは「すべて込みこみ」という意味で、リゾートホテルの宿泊料に最低でも「三回の食事+ドリンク飲み放題」が含まれています。滞在型ホテルの一種で世界に約1,500か所あるとされ、クラブ・メッド(地中海クラブ) がそのパイオニアです。...

さらに表示する