グローバル不動産経済研究会:レジメ

 ソフトバンクは支離滅裂な企業文化の為、ビジョンファンドではこの半年で、投資スタッフ12名が退職、来年春のボーナス後に退職者はさらに増えそうだ。トップクラスでも退職者2名が出ている。チーム間の競争が煽られ、投資経験がない人間達が上層部にいてコミュニケーションも悪く、孫CEOへや報酬の仕組みにも不満が持たれている。...
 ブラックストーンの物流用不動産投資に拍車がかかっている。今回はコロニーキャピタルから物流倉庫のポートフォリオ、59億$(6370億円)を取得した。同社は6月にシンガポールのGLPからアメリカ所在物件群を債務込みで187億$(2.02兆円)で、9月にはカナダのドリーム・キャピタルから西ヨーロッパ所在物件群を62億C$(5640億円)で取得した。...
 ソフトバンク・孫CEOの「投資家」としての評価がアメリカでボロボロとなった。孫氏はWeWorkに107億$(1.15兆円)を投じたが、同社は評価が極端に悪化しIPOを延期するはめになってしまった。孫氏が巨額投資したウーバーの株価も大幅下落、孫氏の投資家としての腕が疑われている状態で、ビジョンファンド2の投資家集めにも影響が出る見込みだ。...
 ソフトバンクの第二号ビジョンファンド・1080億$(11.5兆円)の投資家集めは順調には進んでいないようだ。「出資はするが額は未合意」とする会社がある上、ソフトバンクが従業員に200億$(2.1兆円)も貸し付けて出資をさせる。これは足りない分の穴埋めだろう。...
 注目されているアマゾンの無人コンビニ、アマゾン・ゴーは現在、全米14ヶ所で展開中だ。監視カメラやセンサー、購入品の精算等についての問題は聞こえないのだが、肝心の「客」が来ずランチタイム以外は閑散としている。小売は簡単そうに見えて、実は奥が深い。...
 ホテルの室料に上乗せされるリゾートフィーはデスティネーション・フィー、アメニティ・フィー、アーバン・フィーとも称されるが、ワシントンDCがマリオットに対し、これらは料金に含めて明示するように訴えを起こした。フィーは一日9-95$(970-10,300円)だ。...
 三菱地所は傘下の因縁が深い会社、ロックフェラー・グループ社によりマンハッタンで37階建ての分譲マンション、「ローズヒル」を開発する。平均販売価格は290万$(3.13億円)を予定。ロックフェラー・グループ社にはロックフェラー一族の人間はいない。...
 不動産情報のオンライン化で「iBuying(住宅即時買取り)によるフリッピング」という新ビジネスが拡大している。売却する側にとっては家を片付けて賃借した家具等で飾り付ける「ステージング」やオープンハウスの手間が不要、売買交渉が簡略等のメリットがある。...
〇バンクーバーで起きた住宅価格高騰にはマネーロンダリング資金の影響があった。カナダ西部の同市では世界の犯罪シンジケーションがこれを行い、不動産市場に流れ込んだ額は昨年だけでも50億C$(4050億円)に上った。一言で言うとバンクーバーは「緩い」のだ。...
 プライベート・エクィティ大手の一つ、KKRが日本の大企業傘下の非中核会社をターゲットに日本でM&Aを行う方針を明らかにした。不動産狙いの物も含まれると思われる。一方、現下の金融情勢で、グループ会社を手放す日本企業がそれほど多いとも思われないが・・。...

さらに表示する