グローバル不動産経済研究会:レジメ

 ホテルの室料に上乗せされるリゾートフィーはデスティネーション・フィー、アメニティ・フィー、アーバン・フィーとも称されるが、ワシントンDCがマリオットに対し、これらは料金に含めて明示するように訴えを起こした。フィーは一日9-95$(970-10,300円)だ。...
 三菱地所は傘下の因縁が深い会社、ロックフェラー・グループ社によりマンハッタンで37階建ての分譲マンション、「ローズヒル」を開発する。平均販売価格は290万$(3.13億円)を予定。ロックフェラー・グループ社にはロックフェラー一族の人間はいない。...
 不動産情報のオンライン化で「iBuying(住宅即時買取り)によるフリッピング」という新ビジネスが拡大している。売却する側にとっては家を片付けて賃借した家具等で飾り付ける「ステージング」やオープンハウスの手間が不要、売買交渉が簡略等のメリットがある。...
〇バンクーバーで起きた住宅価格高騰にはマネーロンダリング資金の影響があった。カナダ西部の同市では世界の犯罪シンジケーションがこれを行い、不動産市場に流れ込んだ額は昨年だけでも50億C$(4050億円)に上った。一言で言うとバンクーバーは「緩い」のだ。...
 プライベート・エクィティ大手の一つ、KKRが日本の大企業傘下の非中核会社をターゲットに日本でM&Aを行う方針を明らかにした。不動産狙いの物も含まれると思われる。一方、現下の金融情勢で、グループ会社を手放す日本企業がそれほど多いとも思われないが・・。...
 WeWorkの昨年の赤字は一昨年の倍の19.3億$(2160億円)になった。同社に対するソフトバンクによる直近の出資の際の企業評価額は420億$(4.7兆円)だった。ヨーロッパでは急激すぎる拡大を警戒し、同社がらみの不動産への融資をためらう動きが銀行の間にある。...
 3月15日(金)の公式オープンを前に、ハドソンヤードが大きく注目された。特に注目されているのは101階建てのオフィスビル・30ハドソン、72階建てのマンションとホテル・35ハドソン、高級レストランやモールのショップス&レストランだ。...
 アマゾンはロングアイランドシティ(ニューヨーク市クィーンズ区)での巨額の第二本社計画を突然撤回した。地元の反対運動を嫌ったことが主因と見られる。反対運動は民主党の進歩派(左派)が主導していた。一方、ニューヨーク市民の多数派はアマゾンを歓迎していた。...
 アメリカのオフィスビル売買市場の先行きについて懸念すべき話が2つ出た。一つはハドソンヤード内で新本社ビルを建築中のワーナーメディアが、竣工前にこのビルをセールス&リースバックで売ろうとしているという話、もう一つは歴史的ビルであるクライスラービルが売りに出されるという話だ。...
〇アメリカのオフィス賃料は2016-17年には年3.9%上昇したが、2018年第1-3月期には2.1%上昇に縮小した。主たる要因は供給過剰だ。なおマンハッタンのハドソンヤード開発は、オフィス、マンションとも、例外的に堅調な模様だが、市場が崩れる初期には流れに反して一時的に好調さを維持する物件が現れる事が日本のバブル崩壊時にあった。 ...

さらに表示する