「筑駒(教駒)」では学校の正しい校名を教わっていなかった

 私は「筑駒(つくこま)」となる前の「教駒(きょうこま)」と呼ばれていた時代の同校の卒業生なのだが、仲間に後に筑駒の先生になった男がいる。おととし6人で飲んだ時に、「みんなは教駒の正しい校名は知っているか?」と彼が言い出し、順繰りに言ってみると5人、全員が間違えていた。

 

 正しくは「東京教育大学附属駒場高等学校」という名前だったそうで、ポイントは「教育大学」というのは全国各地にあったので「東京」が頭につくこと、「フゾク」は「附属」であり「付属」ではないのだそうだ。

 

 こういうのって一つのけじめとして、学校できちんと教えてもらいたかったです。

 

 ふだんは「教駒」「教大付駒場」で良いわけだが、大学の願書なんかでは「東京教育大学附属駒場高等学校」とオフィシャルな学校名を書けなくてはいけなかったと反省する次第だ。

 

 ビジネスで自分の会社の名前を正しく言えなかったら、取引はアウトだ。

 

(追記2022.2.19)悠仁様のご入学で筑駒の兄貴分の「筑波大学附属高等学校」がよく話題になるが、多くのメディアで「附属」ではなく「付属」、あるいは「筑付」としている。これは誤りだ。

 ちなみに我々の時代は我々を「駒場」、これとの比較で同校を「大塚」「本校」と呼んでいた。

 フルネームはたぶん「東京教育大学附属高等学校」だったのだろうが、「教駒」に対応する略称は聞いた事がない。「教附」ではごろが悪い。今度、知り合いに聞いてみよう。

 

(追記2022.2.19)

 本文中の元筑駒の先生によると

・「附属」には「内部にあってくっついているもの」

・「付属」には「外にくっついているもの」という意味があり、国立大のフゾクは全て「附属」なのだが、私立大のフゾクはあとから付いて来ることがあり「付属」なのだろうとの事だ。

 ということは「筑駒(教駒)」って独立した人格を持たない「東京教育大学の附属物なり内部組織」だったのだろうか。ショックだ。

 会社の場合は「定款」で商号(社名)を定めてこれを登記するので、こんなことでは悩まない。

 株式会社は商号に必ず「株式会社」と入れるのだが、「株式会社」を略して表記する事も多い。

 鹿島の場合は正式な社名「鹿島建設株式会社」だが大幅に略して「鹿島」と表記している。

 ジャスコの場合はややこしくこれは現イオン株式会社の旧商号なのだが現在は店舗ブランドのようだ。ならば「屋号」の一種だろう。

 当方も昔、「ジャパン・トランスナショナル」は屋号で、ジャスコと同様だと説明していた。