改装した銀座の伊東屋さん、思ったよりなじめました。

★「ジャパン・トランスナショナル」検索改善用ブログです。

 

 銀座の伊東屋さん!!

 

 随分長い時間をかけて改装工事し、リニューワルされてから、3回行った。

 うわさどおり、品物の種類は大幅に減った。たぶん以前の3分の1くらいではないか?

 社長はカンブリア宮殿で確か「3分の2に減らした」と言っていたように思うのだが、もっと減っていると思う。

 

 最初に行った時は、こりゃだめだろうなと思った。

 私が文房具店としての伊東屋さんに期待するものとまるで違っているのだ。

 

 2回目に行ったのは「2連式」のカレンダーを買うためだ。

 日本能率協会製だった。

(この協会が作る事務用品の出来の良さにはいつも本当に感心します。)


 去年伊東屋でみつけたので今年もあるだろうと思っていたら、店頭には無かった。

 注文して、それを引き取りに行ったのが、伊東屋さんへの3回目の往訪。

 

 まあ、言いたいことはいろいろあるけど、この改装はこれはこれで良いのではと思った。

 普通の文房具を欲しいのなら、東急ハンズに行けばいいのだ。あっちの方が大きいし。

 

 一度、お小遣いを持って、いろんな売り場を巡って衝動買いしてみたいです。

 

 二つだけ言わせてもらうと、まず、B1F、たぶんカレンダーの為の特設売り場のせいだと思いますが、レジスペースをいじめすぎました。


 どんな店でもレジが進まないとイラつきます。


店員さんも一生懸命やっているのだが、レジのシステムが不出来で手際が悪かった。

 

 もう一つは、ストックの管理が極めてアナログ(これも特設売り場のせいか?)。

 取り寄せていただいた「2連式カレンダー」、出てくるまでに10分かかりました。

 

 共通しているのは「IT軽視」という話でしょう。

 私が実感するに、料理屋にしても、喫茶店にしても、老舗はどこもITに愚鈍。


 いまどき、どんな売り場でもレジくらいはしっかりIT化しろと言いたいわけです。


<ご参考:私のもう一本のブログです:http://triangle-uehara.jimdo.com/から>