グローバル不動産経済研究会:レジメ

 M&Aでは買収の申し入れを受けた側が取る態度が3種類ある。「受諾」と「拒絶」、もう一つはそのどちらとも公には態度を明らかにしない対応で「アンソリシティッド(unsolicited)」と呼ばれる。まったく相手にできないという意思表明の事もあるが、水面下で条件交渉をしている(例:買収価格の引き上げ)場合も多い。...
 世界の住宅市場について興味深い記事が3本出た。...
 海外買収を派手にしすぎた事で監視対象になっている主要4社のうちの1社、安邦保険が中国の「政府管理」となった。期間は1乃至2年である。今回の処置は同社がこのままでは破たんする状態であった事を意味している。現在、同社の国際的な問題の方が大きく取り上げられているが、実際は破たんに伴う国内の問題の方が大きかったのであろう。...
 コワーキングの雄であるWeWorkに対して、前向きな評価とケチが交錯している。...
 アメリカでは法令を満たしているからと言って、その通りに簡単に建つわけではない。  先日はガンマリアルエステートがもう基礎工事を着工していた超高層マンションについて、住民運動によりゾーニング(用途規制)が変更されてしまい、建たなくなってしまった。...